過払い金の返還

夫婦二人の家

40代主婦です。子供は不妊治療をへて諦めました。
結婚当初から考えていた家をどうするか、夫婦二人だから借家でも
いいかと考えたけれど、高齢になって借家を探さなければいけない
状況になったりすると保証人もいないし厳しいだろうと言うことで
家を建てることにしました。田舎育ちなので、なんとなくマンションと
いう選択肢はありませんでした。
小さな家でいいと言いながらも、一階部分にLDKと客間が譲れなくて、広い
お風呂も、広いトイレも譲れなくて、2階に大きなクローゼットと和室と
洋室が欲しくて、バルコニーも割と広めが欲しくて、屋根裏部屋もついでに
作ったら結局、そこそこの家になってしまいました。
子供がいないから、小さい家でいいといっても、生活の基本になる部分って
結局一人暮らしの様にいかないから、ファミリー向けの家と同じような広さ
になってしまうんだと実感しました。ファミリー層と違う点は小さな子供部屋
がいらないから、2階の部分に寝室の繋ぎにセカンドリビングのような部屋を
つくれ、主人の引きこもり部屋ができた事です。
建売住宅にない、少し個性的な家になったと思います。
何かありましたら東京 設計事務所選びましょう。